09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

こがっち's Private Room~No.2~

我が家のフェレットたちの成長の様子を日常の生活の出来事を中心に綴っていきたいと思っています。

モモちゃんの慢性気管支炎の受診後のお知らせ! 

前回の記事に引き続き、受診後の報告をさせて頂きます。


予定通り、以前先輩に紹介して頂いた病院を受診しました。



初めは、その病院の院長先生ではない獣医さんが診てくれて、これまでの状況や考えを話しました。

その獣医さんも診察で不自然に感じた様で、すぐに隣の診察室にいた院長先生が来てくれて、診察をして頂きました。


触診してすぐに結論は出ました!


院長先生いわく、「これは、慢性気管支炎ではありません!」


診断理由として、抗生剤を投与で全く治療効果が得られなかった事・気管支炎の症状としては矛盾している事から、触診で咳と嘔吐の原因を教えて頂きました!


ちなみに、僕が撮影した画像です…


モモちゃんの発作の原因
モモちゃんの発作の原因
by こがっち


携帯を持ちながらの触診なので、うまく喉に触れる事が出来ませんでしたが…映像の最後に喉を軽く押さえて咳をしたシーンが重要です!
(※普通に触れば、一度ですぐに分かったのに…モモちゃんごめんね!)

ちなみに、ジャック君に同じ事をしましたが… あくびをしました。


モモちゃんの発作の原因は、初めに受診した病院では慢性気管支炎で咳をした際に…迷走神経反射で生じる嘔吐だと診断されました!


半分は当たっていますが、診断は間違っていました!


モモちゃんは喉の神経が繊細なために、刺激を受けると咳をする過敏な仔であっただけだったのです!


(※ここでお知らせした迷走神経反射とは、関連する神経領域が同じ場所にあるため生じる現象なのですが…分かり易く説明すると、何かを食べたり・飲んだりしてむせた時に吐き気がしたり吐いた経験はないでしょうか?)
その様な感じの事です…こがっちの勉強した事ですので、皆さんがお調べ下さい。


院長の説明で…「つまり、病気ではなくて喉に対しての刺激に敏感な仔だっただけです!」


確かに他院での診断は間違っていた形となりましたが、決して責められる事ではないと思います。


経験のある獣医さんたちでも、思い過ごしや多忙な業務で間違えたりする場合があります。
(※医療でそれが許されるのか!…と思われるかもしれませんが実際に現実に起こりうる事です)

しかも、以前お世話になった病院はお金儲けのための経営は、大規模な病院の治療費から考えられません。

また、人間の医療の様に…総合病院が持つ機能と、身近なかかりつけの病院の様なシステム的な事を動物病院でも飼い主として考えるべきではないかと思いました。


フェレットを専門に診れる獣医さんは限られてくると思いますが、我が仔を愛するなら医療のシステムを理解する事と、前回の記事で述べた様に一番身近な飼い主さんが一番の獣医さんのつもりでいなければならないと思います。


今回も、またモモちゃんがお騒がせしましたが大切な事を経験して学んだ様な気がします。


ちなみに、いくら喉が過敏で病気でないとしても、喉をいたわる様に部屋の温度調節や湿度調節によって、今までかなり発作を防ぐ事が出来ました。
(※以前、皆さんにアドバイスを頂いた結果です)


飼い主として、我が仔のために些細な事でも気をつける工夫や努力も大切だと思います。



以上で、僕がお伝えしたかった事は終わりです。

皆さん、それぞれ色々な考えがあるかと思いますが、僕はその様に思っています。




今回も僕の勝手な話題が続いて、退屈に感じた方々のために以前撮影した続きで、身近な動物の写真を紹介したいと思います♪


まずは…ダチョウ


ダチョウです…ピンボケしました!


ポニー


ポニーです。


木曽馬


木曽馬です。


シマウマ


シマウマです。


羊


羊です。


ヤギ1


ヤギです。


ヤギ2


こちらを見てくれました♪


烏骨鶏


烏骨鶏です。…逆光でしくじりました!


フラミンゴ2


フラミンゴです。


フラミンゴ1


くちばしを水に入れた瞬間の水面の様子が綺麗でした♪



以上で動物園の写真も終わりです♪




スポンサーサイト

category: 写真

thread: フェレット - janre: ペット

cm 8   tb 0   page top

コメント

いつも一番コメントすみません(^^;)

おはようございます(^-^;
モモちゃんのカッカッカッ‥
とても苦しそうに見えます(>_<)
小さな体で、かわいそう
医学的な事は、よくわからないのですが‥
対処法としては‥?
小さな事から
空気清浄機☆置いたりするのも、ひとつの手ですかねぇ?

それに病院の良し悪しを見極めるのは、とても難しいですよね。
正直、言えば‥
動物病院の先生達、特にフェレさんを診て下さる先生達も試行錯誤しながらの診療じゃないでしょうか!?
私はある意味☆チョコはフェレ医学界において実験台になったと思っています
チョコが亡くなった病院の副院長さんに、チョコの死を無駄にしてほしくないと言い残してきました。

モモちゃんのケースも先生達には‥
モモちゃんに負担の少ない治療にあたって欲しいと申し上げたいです☆

私も気管支炎(喘息)患っていますので‥
ゴホンゴホン咳するたびに、血圧は上昇しますし‥
息苦しい思いを何度も繰り返しています
モモちゃんの辛さが、よくわかります
モモちゃん鉄の女を目指そう☆
的外れのコメントかも‥
スジャスジャ-タ #mQop/nM. URL [2009/11/26 08:23] edit

No title

喉が刺激に対して敏感…
その咳が原因で嘔吐ですか。
モモちゃん、苦しいね。

うちの息子も小さい頃は気管が弱く
かかりつけの医師から
ファンヒーター禁止令が出されました。

あまり神経質になることはありませんが
ファンヒーターなどで埃を巻き上げないよう
注意してあげるといいかもしれませんね。

側にいる飼い主さんが獣医さん
それって大切ですよね。
病気や異変に一番先に気がつくのは
飼い主さんですから。
私のように医療に関しても
フェレさんに関しても無知な者は
すぐに獣医さんに聞く!
9年間そうやってきました。
たぶん獣医師は
「ルルちゃんの飼い主さんは心配性だな」
と思われていたのでは^^;

こがっちさん、肩に力を入れすぎないよう
ジャック君とモモちゃんと一緒の生活を
たーーーっぷり楽しんで下さい。


今日の(笑)は…

ヤギです。
こちらを見てくれました♪

ですo(*^ー ^*)o
ヤギさんいい表情してます!




るんる #- URL [2009/11/26 15:14] edit

Re: いつも一番コメントすみません(^^;)

Re>スジャスジャータさんへ
全くその通りで的外れではありません。
いくら、病気ではないとしても、喉に対して敏感なのは事実ですから、それを考えてあげなければいけませんよね。
いつも謙遜されていますが、立派な先輩ですので!

僕も必ずしも獣医さんを責めたりとかはしません。
例えば、研修医も医者です!
経験や知識・技術はたくさんの年月を経て色々な経験を積んで立派なドクターになるのを見てきました。
また、チョコちゃんの時代は獣医さんも勉強の過程にあった時代であったと思います。
スジャスジャータさんが言われる様に動物を愛する獣医さんが、色々と失敗も繰り返してフェレさんを診れる獣医さんになって、後輩の指導をされると思います。
フェレさんを診れる獣医さんは、少ないと思いますが、チョコちゃんの時代よりは格段に増えたと思います。
スジャスジャータさんに気持ちは伝わっているのかな~と感じております(勝手な理解ですみません)

それから、空気清浄機はありますよ♪
その辺りの事は次回に知らせるつもりでしたが、さすがに見抜かれてしまいました♪

いつも一番に毎日のコメントを頂ける事は本当に嬉しいです。
海外に行かれた時は、かなり寂しい感じがしました。
こがっち #- URL [2009/11/26 16:06] edit

Re: No title

Re>るんるさんへ
スジャスジャータさんと同じ様に次回の内容をよまれてしまいました(笑)
実は、昨年は引っ越し等で金銭的な事情でファンヒーターのままでした。
空気清浄機をせめてものつもりで購入して、ファンヒーターで室温を高くして室温をあげて消してから窓を開けての換気を繰り返してました(換気中は部屋には入れてません)。
加湿器は以前からありましたので、それで室内の温度と湿度の調節をしてました。
今年はさすがにと思い、昨日やっと冷暖房付きのエアコンを契約しました。
(※エアコン自体と工賃も値切ってもらいました)

それから心配性くらいでないとルルちゃんは、こんなに長寿でいられなかったと思います。
それだけ、毎日の変化に気を配り、受診の度に色々な事をるんるさんは学んだと思います。
どれだけ独学で勉強しても、経験から得た知識や経験は超えられないと日々思っています。
だから、いつも皆さんには感謝をしております。

ちなみにヤギさんですが、呼んだらこちらを向いてくれたので、僕も嬉しい瞬間でした♪
こがっち #- URL [2009/11/26 16:17] edit

良かったね

本当に良かったね
私も いつも いろいろ言おうと思うけど
言う前に気がついてくれるし
先生に 健康優良児だ~~と
言われると嬉しいです
敏感な繊細なモモちゃんですね
まめまま #3NA5uJ/g URL [2009/11/26 20:29] edit

Re: 良かったね

Re>マメママさんへ
そうなんですよ~!
我が家のモモちゃんは、暴れん坊さんでやんちゃですが先生は数秒で…「この仔も緊張する仔だね。」と性格まで理解されました。
今まで、そんな事を言われたのは初めてで驚きました。

うちの仔も、マメゾウ君の様に褒められたいです♪
ちなみに、ママさんのブログのタイトルや、イタチが跳ねる様子を最近知りました。
マメ君ばかり見てるのですみません。
こがっち #- URL [2009/11/26 21:39] edit

Re: 病気でなくて良かったです

Re>新宿さんへ
本当にコメントされた通りです。
治療できない以上は、完全に看護領域でケアをしていかなければなりません。
出来る限り負担がかからない様に、日々の観察だけでなく環境整備にも気をつけていきたいと思っています。
こがっち #- URL [2009/11/27 00:17] edit

Re: 病気でなくて良かったです

Re>指宿さんへ
本当にコメントされた通りです。
治療できない以上は、完全に看護領域でケアをしていかなければなりません。
出来る限り負担がかからない様に、日々の観察だけでなく環境整備にも気をつけていきたいと思っています。
こがっち #- URL [2009/12/02 21:18] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kogatti0507.blog18.fc2.com/tb.php/89-15e06530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログの内容の分析が出来る面白いツールです♪

プロフィール

モモちゃん

ジャック君

マルコちゃん

ミッキー君

twitter

ブロとも (今日のももくん ときどき とんくん)

メールフォーム

検索フォーム

FC2ブックマーク

My Wish List

RSSリンクの表示

QRコード