03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

こがっち's Private Room~No.2~

我が家のフェレットたちの成長の様子を日常の生活の出来事を中心に綴っていきたいと思っています。

ジャック君のセカンドオピニオン受診 

以前より続いてるジャック君の肝臓治療で、昨日受診しました。


前回受診の際に、エコーによる診察で肝臓の肥大とリンパ節の腫れの疑いがあるということで、全身麻酔施工による開腹生検の必要性を獣医さんより示唆されました。


今回は、本当にリスクのある全身麻酔による開腹生検をしなけばならないのか、他の先生の病院へセカンドオピニオンで受診しました。


まず、先生に診察してもらい言われたのが、「これだけ採血して、肝臓の検査項目がGOT(ALT)だけ?」ということでした。


それには、僕も「何故、それだけか分かりません。」と恥ずかしながらの回答しか出来ませんでした。


まず、今回の診察で…
①肝臓の機能をもっと調べるために、採血の検査項目を増やして実施すること。
②エコーで実際に検査すること。
を言われてお願いしました。


②のエコーでは…

先生から、「肝臓は、肥大でなくて委縮しています。それから、腹水がたまっているみたいだね。」と言われました。

画像を見る限りでは…腫瘍でなくて、肝硬変の状態である。と言われました。


血液検査項目の落ちだけなく、エコーの検査も全く異なったアセスメントに唖然としました。


血液検査ですが…

ジャックの採血結果(平成23年5月22日)

これは、前回のほぼ1ヶ月前の結果です。GOT(ALT)578




次は、今回施工してもらった検査結果です…

セカンドオピニオンの検査データ


相変わらずGOT(ALT)526と高い値ですが、ALBが4.7と平均値より高い・総Bilが0.73・γ-GTPが11と肝機能を示す指標で異常はありませんでした。
(先生のメモ書きで、0.73と11が逆になっている様でした)

このデータを見る限りでは、肝臓が悪いものの…他に影響が出ているとは言えないものでした。


現状では、生活に支障がなく元気でいることもデータ通りなのかと思いました。


また、今回は腹水を穿刺したので、病理検査に出すことになりました。


その結果を見て、今後の方針を考えてみようとのことでした。


ただ、現在は肝硬変の疑いが強く…肝硬変は人間と同様で不可逆的に進行するものです。


つまり、委縮した肝臓は元には戻りません。


現状の状態で進行を抑えていき、苦痛がない様な生活を送れる様にするのが理想ではないかと…簡単でしたが、先生と話ました。


次回は、2週間後に検査結果を見ての再診となりますが、今回は今までと同様に内服のウルソを処方して頂きました。


また、最後にいつも医療に関して伝えていますが、「人間の医師も動物の医師も人間です。」
「色々な経験を積んで、素晴らしい医師になるものだと思っています。」
これは、臨床で看護師をした経験から思うことかもしれませんが、決して医師を責めたりすることなく…我が子のために自分も勉強して、意思表明し決断すべきだと考えています。


病院で撮影した写真です…

セカンドオピニオン受診6月17日


ジャック君は、マルちゃんが一緒だったのか今回はトイレで固まっていませんでした♪



次はマルコちゃんです…

マルちゃん定期受診6月17日


動いてばかりで撮影出来ないためにゲージ越しのシーンです。

付添いで来てもらいましたが、病院でもマルちゃんは、元気で人気者でした♪



※私事ですが、最近多忙なため皆さんのブログにお邪魔しておりますが、読み逃げが多くなっています。すみません。





スポンサーサイト

category: ジャック君の肝臓治療

thread: フェレット - janre: ペット

コメント

No title

そうですか・・先生も人間ですから
得手不得手がありますよね
特に人間より小さな臓器を見るんだから
仕方が無いと言えばそうかも?
でも何が一番かと言うと 安心かな?
もしもこの先生に宣告されても仕方ないと・・
それだけ信用して預けれる先生と言う事だけですね
それが 私にとっては おおはし先生です
無駄な治療はせずに 無駄な薬も
できるだけ自然体でラクに生きさせてくれるような先生だと思います
がんばれ~~ジャック君
#- URL [2011/06/18 06:43] edit

セカンドオピニオンの重要性

おはようございます、SARUです。

病院の違いでこれほども異なった結果が出てしまうんですよね。私も銀ちゃんを亡くした今、セカンドオピニオンの重要性は痛感しております。
でも病院選びは大変ですよね。銀ちゃんが最初かかっていた病院もかなりの評判の病院だったのですが、結局「町医」的にはいい病院ではありましたが、重篤な病気については設備が不足していて検知出来ないような病院でした。「そんなの素人には判断が難しい。」とは思いましたが、でもどうにかしないといけないんですよね。それにはやはり飼い主側の勉強と、異常が治らない場合はセカンド、サードと病院を回ってみるしかありませんね。

ジャックくん、このまま病状が安定してくれることを願います。
SARU #- URL [2011/06/18 06:44] edit

No title

こがっちさんは、随分たくさん勉強されていて、色々詳しいので、いつも感心してしまいます。

病院によって、診察結果がだいぶ違ってくるということにも驚きました。
セカンドオピニオンの重要さ、実感させられます。

ジャックくん、マルコちゃんが一緒だと安心だなんて、とても愛らしい仔ですね♪
一人だと、トイレでかたまってしまうんですか?
同じビビリ屋さんでも、うちのみゅう太は、ビビリの状態でもキャリーで暴れまわっているので、ビビリ屋さんによって、ビビリ方が違うんですね(笑)

ジャックくん、元気な状態なまま安定していてほしいですね!





フェレ大好き #- URL [2011/06/18 14:59] edit

Re: No title

Re>まめままさんへ

どうしても、時間の都合で融通のきく病院でと考えたのが甘かったです。
そもそも、当初は肝臓の治療目的の受診ではありませんでした。
肝臓が悪いのに気づいたのも、フェレさんの専門を診れる獣医さんがたまたま受診された時です。
僕の考えが甘かったです。
今は、ママさんが言われる様にジャックにとって一番幸せだと思う選択して日々の生活をと考えています。
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/06/18 17:00] edit

Re: セカンドオピニオンの重要性

Re>SARUさんへ

初めの受診した病院は全国でも有名な病院で設備もトップクラスの水準を誇っていると思います。
当然、獣医さんの中でフェレさんを専門に診れる有名な方もみえます。
本来、その獣医さんが専門で診てくれたらと思うのですが、病院の事情もあるのでしょうね。
少しでも疑いを持ったら、早期に次を検討することは大切だと思いました。
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/06/18 17:04] edit

Re: No title

> こがっちさんは、随分たくさん勉強されていて、色々詳しいので、いつも感心してしまいます。
>
> 病院によって、診察結果がだいぶ違ってくるということにも驚きました。
> セカンドオピニオンの重要さ、実感させられます。
>
> ジャックくん、マルコちゃんが一緒だと安心だなんて、とても愛らしい仔ですね♪
> 一人だと、トイレでかたまってしまうんですか?
> 同じビビリ屋さんでも、うちのみゅう太は、ビビリの状態でもキャリーで暴れまわっているので、ビビリ屋さんによって、ビビリ方が違うんですね(笑)
>
> ジャックくん、元気な状態なまま安定していてほしいですね!
Re>フェレ大好きさんへ

現在の状態だと肝臓自体は良くないのですが、検査結果やジャックの状態から肝臓の機能自体は正常に近い状態にある様です。
間違いなく進行する病気ですから、出来る限り進行を抑えて幸せな生活が送れる様にと考えています。

それから、まだ検査ひとつ残っていますので、そちらも気になっています。
また、ジャックは本当に環境の変化に弱いのでマルちゃんを連れていきました。
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/06/18 17:07] edit

No title

こがっちさん、こんばんわ。
今さっき職場から帰ってきました!

確かにセカンドオピニオンの先生のおっしゃる通り、肝機能に問題が…とある中でGPTだけの検査項目は少ないかも。
(↑あくまでも一個人意見なのでお気を悪くしたらすみません orz)

我が家もゆうちゃんがステロイドの副作用で肝機能系の値の傾向を先生とチェックしていたのですが、どんな項目を主に見ていたかな?とちょっと見返してきました。
・GPT
・GOT
・ALP
・TBill
が特に重視していたカモ。(・・)

こがっちさんのおっしゃる通り、先生も人間。
完璧ではないですもん。

何かあった時に先生を責めるのは個人的に嫌なので、一緒に話し合いをして、考えながら治療を進めていく。
っていう感じかな。^ ^;
ととろ #- URL [2011/06/18 20:47] edit

Re: No title

Re>ととろさんへ

今回は大丈夫です。
刺激を与えたくない病院さんは、初めの病院さんで誰か職員で気づかれていた感じでしたので用心していました。
検査項目ですが、他にはALBですね。アルブミンは大切な役割を果たしますが、肝臓で生成されます。
これが正常より若干高めにくるのは、客観的に考えて肝硬変ではありえないことなので先生と首をかしげました。
こんな感じで、色々と分かり教えてくれて相談にのってくれたり、腹水穿刺の検体も確認させて頂いたので安心できます。

ととろさんの言われる様に、人間の医療と同じで飼い主さんは親として先生と話あって治療を考えるべきだと思います。
それが、動物に関係なく医療であると思いました。
だから、今回はアメブロでも同じ内容で記事にしましたよ。
> ・GPT
> ・GOT
> ・ALP
> ・TBill
> が特に重視していたカモ。(・・)
>
> こがっちさんのおっしゃる通り、先生も人間。
> 完璧ではないですもん。
>
> 何かあった時に先生を責めるのは個人的に嫌なので、一緒に話し合いをして、考えながら治療を進めていく。
> っていう感じかな。^ ^;
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/06/18 23:08] edit

おはようございます。

私自身が「腹痛」だった時に病院は、内科なのか?外科か?胃腸科?婦人科なのか?
どこを受けていいか素人では判断が難しかったんです。
総合病院だと回してくれるけど、そうじゃなければ原因が分からなければ
病院めぐりをする羽目になりますね(;^ω^)
人間でさえ専門科でなければ原因が分かりませんから
動物だと医師はもっと広い知識が必要になりますね。
飼い始めた最初に電話した動物病院はキッパリと
「うちは犬猫しか診ません」って言って、
私は、そんな事言わずに診てよって思ったんだけど
今思えば、その方が良心的だったなと思います。
知識がないのに診てもらっても可哀想な結果になりそうですもんね(´;ェ;`)

ジャックくん今度の先生は良さそうで良かったですね。
マルちゃんの付き添いが心強いですね(@^▽^@)
うさっち #- URL [2011/06/19 09:18] edit

No title

こんにちわ。

うちの先代レオが肝臓が悪く腹水が溜まり結果、腹膜炎で亡くした経験をしました。

セカンドはどこにいかれましたか??ってここではなかなか名前まで公表はできませんよね。
O動物病院かな??

私も何かあったときに先生を責めるのはスキじゃないですが、飼主からしたらその病気の知識が全くわかってない分どうしていいかわからないって言うモヤモヤの気持ちを誰かのせいにして少しでも気持ちを落ち着かせたいって気持ちもわかります。(ってゆうか私だけかもしれないけど・・・・)

今回セカンドを受診してみてまた違った意見や、検査等をしてもらえてよかったです。
このままジャックくんが落ち着いてくれるといいですね。
マルちゃんも付き添いお疲れさま♪
あかね #- URL [2011/06/19 10:44] edit

Re: No title

Re>あかねさんへ

病院については、ブログで直接名前を出すのは良くないと思うので、メッセージでお伝えします。
それから、もやもやした苛立ちの気持ちですね。
これは、誰かのせいにしてと思われるのは自然な感情だと思います。
その当たりは、アメブロの方で専門でお返事するのですが、他者のせいに出来ない時は自分のせいだと思われる場合が多いです。
その気持ちの強さや時間の長さで、心の病になる場合があります。
そのために、僕の様なカウンセラーが存在します。

ジャックは、腹水の検査で異常がなければ極力進行を遅らせる様に苦痛のない方法で考えていきたいと思っています。
マルちゃんは、独特の感性があるのとカラーが珍しいのか人気者ですよ♪
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/06/20 03:14] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kogatti0507.blog18.fc2.com/tb.php/323-350417e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログの内容の分析が出来る面白いツールです♪

プロフィール

モモちゃん

ジャック君

マルコちゃん

ミッキー君

twitter

ブロとも (今日のももくん ときどき とんくん)

メールフォーム

検索フォーム

FC2ブックマーク

My Wish List

RSSリンクの表示

QRコード