07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

こがっち's Private Room~No.2~

我が家のフェレットたちの成長の様子を日常の生活の出来事を中心に綴っていきたいと思っています。

マルコ初めての定期体重測定…ジャックの突然の受診について 

前回、初めて一緒に遊びましたが…まだ、お互いの状態を考慮して同居は検討中です。



今回は、初めにお互いの様子を紹介です。



まずは、マルコちゃんです…

放牧開始のマルコ1


女の仔らしく、機敏に動くマルコです♪


マルコのために…

放牧開始のマルコ2


以前より、シャッター速度もあげてレンズも撮影し易いレンズに変えています。



トンネルで遊ぶ様子です…

トンネルで遊ぶマルコ


以前も紹介しましたが、マリンさんでのお店での生活が良かったのか、色々なおもちゃに興味を持って積極的に遊んでいます。




そこで、何故か不思議なのが…

何故か大好きな、フェレさん用の毛布


ベッド中に入れて使っていた、フェレさん用の毛布がとても大好きで、テレビの裏や宅急便のダンボールの中に隠しに移動します♪


この毛布には、まだモモちゃんのにおいもついています。
モモちゃんのにおいに反応しているのでしょうか。



次は、ジャック君です…

無心に食べるジャック1


マルコちゃん程ではないですが、一時に比べると倍くらい食べています。



無心に食べるジャック2



一生懸命に食べています♪




さて、毎月公開の体重測定の公開です。


2011年4月1日


まずは、ジャック君からです…

ジャック:1126g(-49g…3月1日より)


毎年、この時期に大幅な減量をしてしまうのですが…3月26日の1160gは計測ミスかもしれません。


しかし、確実に元気が良くなり、フードを食べる量も以前倍くらいに増えていますので、様子を見ていきたいと思います。





次は、初めてのマルコちゃんです…

マルコ:1000g(+4g…2月26日より)


わずかな期間ですので、ほぼ変わりなしです。


今後の成長に興味津々です♪







と思って記事を投稿する予定でしたが…ハプニングが起きました!


上記は4月1日までのことで…本日4月2日のことです。


ジャック君が、明け方前に緑色の粘調性の下痢便があり、7時半くらいに
は褐色の粘調様の下痢便…8時頃に白色の粘調性の嘔吐があり、たくさん寝たのに全然元気がなく起きませんでした。



いつもは、おやつをねだりに起こされるのですが、以前『入院して以来』のことでただならぬ状況だと思い、慌てて受診をしました。


吐物は採取出来なかったものの、便は採取して検査に出すことも出来ましたので…原虫の類ではないことが分かりました。



ただ、便の性状からも腸管の様子を調べる必要性があり、すぐにエコーをしてもらいました。



僕が見ても分かるくらいに、腸管内の粘膜・リンパ節が炎症している状態でした…つまり、それだけひどいということです。


腸管全体でも、直腸を方が特に炎症が強く、胃の方は特に異常が見られないと説明がありました。



血液の検査も依頼して、以下の様な結果が出ました…

2011年4月2日、ジャックの血液データ
(※ALT…622)


肝機能が上がっている原因は不明でしたが、肝機能の調子も悪いことが分かりました。


今回の検査を元に治療として…

下痢のために…皮下から点滴

腸管の炎症の原因が不明のため、最近感染の疑いを考慮して…抗生剤(ビクタス)の注射施工

腸管の炎症を抑えるために…ステロイド(プレドニゾロン)の注射施工

肝機能の状態が悪いために…肝機能保護材の注射施工(今回は腸管の炎症治療がメインのためにしつこく薬剤名を聞きませんでした)


今後の治療方針として、まずは腸管の炎症を治療を最優先に行うこととして、上記の注射を5日程度毎日施工と食べ物は、いつものドライフードで良いとのことですが、量は半分以下程で良いとのことでした。




今回の治療にての診療・治療費

処置料:  3000円

エコー検査:1200円

便検査:   500円

血液検査: 3500円

計:    8200円 でした。


これから、しばらく毎日の治療で高速道路を使用して通院は、正直大変ですが…ジャックが元の様に元気になってくれることを願っています。


悪いことを、色々考えてしまうのですが…獣医さんは、癌かどうか現在で分からないと言われましたが、僕は『IBD』が頭によぎってしまいました。



病院では同じ県内に住んでみえる、アメブロのフェレ友さんで『ももともさん』にお会い出来ました。
海君の定期の受診のためです。
ブログで見た通りの印象で、病気を持ちつつ・高齢であっても眼に力を感じて、カッコ良くて感激しました!
一緒にお話しも出来て、大変光栄に感じました。
闘病生活を過ごしたことがない僕にとっては、とてもありがたいと感じました。
ブログを続けて良かったと感じた瞬間でもあります。





Kogach メンタルクリニックバーナー
Kogach メンタル相談室
スポンサーサイト

category: お迎え症候群

thread: フェレット - janre: ペット

cm 7   tb 0   page top

コメント

こがっちさん、どうもです。(・ω・)/
記事を拝見させて気になった部分を以下に箇条書きさせていただきますね。

1.検便で更に詳しく診ていただいた時に悪玉菌が多いかどうか。
2.嘔吐の引き金に胃に毛玉が潜んでいないかどうか。(今は特に換毛期なので)
3.元気がなくなった原因は脱水かどうか。
4.お迎え症候群(これもストレス性で緑便になります)の可能性は指摘されていないかどうか。

ちなみに肝臓の値はストレス(季節の変わり目も含む)で上がったりと意外と変動しやすいカモ。(・・)

褐色の粘膜便は腸の働きが弱っている時に出ます。
これが悪化すると白色の粘膜便。(正直あまり芳しくない状態)
うちのゆうちゃんの最後の頃はこの白色の粘膜便続きでした。

IBDは抗生物質のみだと症状(下痢や嘔吐)を抑えきれないようなので、投与し始めて2~3日くらいで改善があるようであればIBD以外…というのが個人的な見解かな。

自身もゆうちゃんのIBDの闘病記録を見返して、気が付いたことがあったらまたお伝えしますね。(b^-゜)
ととろ #- URL [2011/04/02 20:04] edit

おやおや

 それはいけませんね。
ポン太が一番疑ったのはお迎え症候群でしたね。
うちのマイ君も神経がナイーブなせいか、マロンと一緒に寝起きさせるとどうも緑便になってしまいます。
マイ君は嫌な表情を決して見せないのですが、やはりひとりかポン太JRと寝てる方がストレスが無いみたいです。

 とにかく暫く様子見ですかね。
確かに肝機能は採血する度に変動しますからねえ。
お大事に!!
ポン太 #- URL [2011/04/02 22:29] edit

Re: タイトルなし

Re>ととろさんとポン太さんへ

この件には関しては、お二人が良くご存じだということと先にコメントして頂いたので、今の状態のお知らせと一緒にお返事したいと思います。

現在、ジャックはほとんど寝たままで、トイレに起きる以外は飲食等の経口摂取がありません。
脱水を懸念して、以前ポン太さんより勧めて頂いたウォルサムをトイレの度(2~3時間)に5~6mlシリンジを使って与えています。
ジャックとモモは、いずれも以前の治療の際に抗生剤をシリンジ飲んだのを覚えていて、シリンジを見ると積極的に飲んでくれるからです。

それから、いつも最悪のケースから考えるのですが、今回はととろさんのゆうちゃんの闘病記録の中でも発症時を中心に見させて頂きましたが、今の段階で特定はできません。

むしろ、3月26日に測定した体重が間違えと思っていたのが事実で、お迎えしてからの発症が体重の急激な変化からみて一番客観的なデータとしてとりあげられると思いました。

元々元気がなかった時期に、細菌感染してお迎えしてから、お迎え症候群でストレスがかかり重篤化したと考えるのが現状では妥当であると思います。

現状では、腸内の炎症が激しいため無理なフードの摂取は医師からもしなくても良いと言われていますので、脱水を考慮して、ウォルサムを使っていきたいと思っています。

ととろさんの質問ですが…
①は、検査をしていなくて分かりません。
②は、毛玉に関してですが、確かにその様な症状がありました。
しかし、発症までにラクサトーンを使って、不自然なムセ等もなくなったのでラクサトーンの使用も2日前の投与が最後です。
③脱水から症状が重篤化したという件ですが、飲水量は毎日計測していますがジャックは毎日60~80ml程度は飲水をしていますので、下痢から脱水を引き起こした可能性が一番高いです。
現在の便性状は、褐色粘調性の下痢便が続いています。
それ以後は、緑色等の便の色は見られません。
④ストレス性にお迎え症候群に関しては、一番考えられることですので初めに簡単に話したのみで、症状が重たい事から、一番重篤な問題である腸内の治療についての話がメインになりました。

以上の事から…今後は、メンタル的面も含めて現状のプランでしばらく様子を見たいと思っています。
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/04/03 01:07] edit

心配です

おはようございます、SARUです。

ジャック君、突然の発症で驚きました。マルコちゃんが来てあんなに喜んで元気な姿を見せていたのに…。お迎え症候群というよりは、「モモちゃんの他界で弱っていたジャック君がマルコちゃんの登場で気分が高まり、その弱った体で無理をしてしまった」といった感じのように思われます。

銀ちゃんが調子を崩した時は、ポン太さんもお勧めの「ダックスープ( http://www.sbspet.com/ferret/item/duck.html )」を飲ませました。これは好みのうるさい銀ちゃんでも飲んでくれました。朝晩1回ずつ50[cc]程あげていました。今では銀ちゃんから催促がある程で夜に1回程あげています。銀ちゃんは以前に比べるとカリカリフードを食べる量が減っているのですが一応体重はキープされているので、恐らく本ダックスープがかなり栄養価の高いものになっているものと思われます。中に入れる餌は「フェレットセレクション テクニケア」を使用しています。これは実は動物病院でふやかしフードとして購入したのですが、銀ちゃん、このふやかしフードは食べてくれませんでした。そこでダックスープに利用した次第です。ダックスープにすると食べてくれますし、また、ただふやかせばいいのでフードをミルで砕く必要もなく、またふやかし時間も短縮されます。ふやかし用や加える水は「アペックス フェレットの水」を使用しています。本水はフェレさん用にミネラルが調整されており、フェレさんの体に吸収しやすいようになっているそうです。
ちなみにうちではバナナは入れず、飲ませるときにバイトを加えていました。

毛玉対策ですが、私はラクサトーンだけの処方には疑問を持っており、うちではラクサトーンと更に毛を溶かす酵素を含む「SANKO フェレットヘアボールリリーフ」を併用しております。

高速を使用しての通院は本当に大変かとは思いますが、ジャック君と共になんとかこの局面を乗り切っていただきたいと思います。
SARU #- URL [2011/04/03 06:45] edit

No title

ごかっちさん
ジャック君 大変ですね
私も何度も経験しました・・
本当に愛情を注げば注ぐほど
神経質なフェレちゃんは ストレス性の
病気にかかりやすみたいですね
2度経験したので解ります
それで 今回は初めから2フェレお迎えしました
他の方は上手に育ててる多頭飼いの方も
沢山いますが 私は無理な事が解ったからです。
必ず初めにいた子がストレスが原因で いろんな病気を発病します
お祈りします
ジャック君が元気に成る事を
どうしてもなら 別に生活させた方が良いかも!
本来なら 心を鬼にして一緒に慣らす方が良いかもしれませんが
命を落としてからでは遅いから
がんばれ~~ジャック君
ごかっちさん ファイト
#- URL [2011/04/03 11:05] edit

Re: 心配です

Re>SARUさんへ

ありがとうございます。
ダックスープを使わなければならない局面か、その前に入院の話しが出ています。
2日で体重が80gダウンしました。
強制餌食の指示が出ています。

ウォルサムをまめに与えることで、脱水は起こさずに少しづつ元気は出ている感じです。
しかし、下痢の方は相変わらず変わらない感じです。
入院は、昏睡状態でない限りはジャックの性格上、メンタル面の負担が大きいので何とか避けたいと考えています。
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/04/03 17:11] edit

Re: No title

Re>まめままさんへ

僕も、モモちゃんをお迎えした時は、ほぼジャックと同時期でしたし、同じ店で・同じ誕生日だったので合流も数日ですみました。
その日のうちに自分たちで一緒にゲージに入って寝てしまったので、今回の様に多数飼いのお迎えは、初めての経験でした。

ジャックは、元々の性格がかなりの神経質な仔で甘えん坊さんなので、最近は色々なことがありかなりのストレスを抱えていたと思います。

出来ることを何とか行って、少しでもジャックのために努力をしたいです。

色々とありがとうございます。
こがっち #xEbBP1EA URL [2011/04/03 17:21] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kogatti0507.blog18.fc2.com/tb.php/281-2ad48424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログの内容の分析が出来る面白いツールです♪

プロフィール

モモちゃん

ジャック君

マルコちゃん

ミッキー君

twitter

ブロとも (今日のももくん ときどき とんくん)

メールフォーム

検索フォーム

FC2ブックマーク

My Wish List

RSSリンクの表示

QRコード